2011年09月20日

リミックス?(mixi日記復刻)

2009年03月13日21:03
1107074908_81.jpg
忘れていたけど、ふと思い出したこと。

1984年から'85年にかけての時期、独り黙々と(今で言う)フリーター生活を営んでいた頃、TEACサウンドクッキー144が身近な唯一のトモダチだった頃、手持ちのカセットテープ(それまでの友人から借りたLPレコードの録音や、当時唯一の新ネタ源だったFMのエアチェックとか)を何本も使って、好きな曲の好きな部分を片っ端から混ぜ合わせ繋ぎ合わせたテープを作ってみたことがあった。

その頃は"REMIX"なんて言葉は意識していなかったし、ましてや(当時も今も)"Dance Music"に興味があったわけでもない。ただ、或る時ふと、坂本龍一『戦場のメリークリスマス』の、静かなオープニングからテーマ部分が始まる、そのタイミングで、伊福部昭『ゴジラのテーマ』が「鳴ったらいいな」と思い、実際に144(4トラックMTR)を使って、2トラック(=STEREO)×2を重ね録りしてみた。すると直ぐさま、『ゴジラ』が鳴っているその次に「鳴って欲しい」曲の部分が浮かび、さらに次々思いつくまま・・・、或る時はスタートのタイミングを合わせるため何度も録り直したり、或る時は、(STEREO 2個分のトラックが使えるので、)[fade in][fade out]で追走させ繋ぎ合わせたりで、たぶん15分間まるまる使った組曲“のようなもの”をこしらえ上げた。

なぜ「15分間」かというと、144というMTRは、音質保持かつ4トラック確保のため「倍速・片面」でテープを使うので、(そのカセットは60分テープだった)60÷2÷2=15という計算だ。

上述2曲以外で使った曲について、記憶を手繰って書いてみると、戸川純『諦念プシガンガ』宝生流『能楽』スターリン『てんぷら』ファウスト『Nobody Knows if it Really Happened とか言ってるヤツ』童謡『もぐもぐもぐもぐ食べちゃったっていうバナナ』間宮芳生『どおづくどおつくどおどおづく とか言ってる和風な合唱曲』一風堂『2枚目の最後から2曲目』武満徹『悲歌』ナースなんとか『竹細工が揺れる音みたいなの&女性Vocalのヤツ』ベートーベン『交響曲7番』KISS『デトロイト・ロックシティ』は入れてたかな?記憶が曖昧になって来た・・・。

で、そのテープは残っているが、144ははるか昔に昇天済みなので、普通のテープレコーダで片側ずつ再生し、(A面は半速逆再生、B面は半速再生になる)とりあえず、音ファイルに変換した後、音声処理ソフトで加工・再組合せしてやろうと考えている。

スゴく記憶に残っているものなのだが、いざ聴き直してみると・・・、どうなんだろう? 市販盤でも、記憶を手繰って再会して「そうスゴくもなかった」モノは在るからなあ。(エアチェックテープはほとんど残っていないので、その部分が聴けるだけでも「嬉しい」になるかも。)

*     *     *     *     *     *     *     *

KISS は『God Of Thunder』が始まる前の子供の声を入れたのでした。(2009年03月13日 23:10)

*     *     *     *     *     *     *     *

「両方とも」使っていたことをさらに思い出し確信しました。あと、ラッテ・ミエーレ『受難劇』なんかも思い出しましたけど、これ以上書かなくてもいいですね。・・・もう聴いちゃいましたから。(2009年03月15日 01:53)


*     *     *     *     *     *     *     *

「出来たよ〜(続き)」(2009年03月15日04:55)
1108484496_99.jpg

フェイド・インなんて全然やってなかったあせあせ(飛び散る汗)。ベタ貼りばっかり。手抜き(元曲に頼りっぱなし)も少々。
音質は、元がカセットテープからだから「しょうがない」。エアチェックものなんかは受信状況にも依るし・・・。90分テープだったやつのレンジの狭さもしっかり出ている気がしマス。

まあ、良いもの・・・デシタよ。
傘と手術台のおかげだが、「合わせる」ってのは不思議なものです。何を持ってくるのか、そのセンス(ではなくヒラメキみたいなものかと)に惚れ惚れ・・・することもある。

*     *     *     *     *     *     *     *

「傘と手術台のおかげだ」なんて書いたけど(ミシンが抜けてるし)、ひと眠りして眠気を醒ましたら・・・、ぶるとん氏に持ち上げられるまでもなく、音楽は元々そういうことをヤッテいたんだなあ、と思い至る。(2009年03月15日 11:50)
posted by テンチョウ at 14:14| Comment(1) | 日記

2011年09月13日

「タンゴとボレロの夜」貼りました。(連投)w

2011_ 9_12 1748.jpg引き続き、フェリーペさんネタどす。

「次回の倉敷ミュージックアワー イン BIKANは、
9月23日(秋分の日)
倉敷館(美観地区内 観光案内所) 19:30〜
¥2000
チケット お問い合わせ
     チケット販売 倉敷館   TEL 086-422-0542
     電話予約  パームミュージック TEL 086-422-3817

「タンゴとボレロの夜です」
タンゴ歌手 ロベルト杉浦を招いての
ラテンショーです。

今、南米で最も知られている、日本人歌手で
南米のTVドラマやバラティーなどで活躍していました。
最新CDでは、阿木曜子さんが歌を書いています。

アルゼンチン、コロンビア、キューバ、
プエルトリコ、メキシコ、など南米各地で
絶賛された、伝説のラテン歌手。

タンゴとメキシコなどのボレロの名曲中心に
魂を削って歌う男、ロベルト杉浦の
情熱的で華麗なラテンの世界を楽しんでください。

客演にフェリーペも出演します。」とのこと。
http://kuraon11.kura2.com/e28152.html


「音楽物語」は「ミュージックアワー イン BIKAN」に改名されたようですね。
“タンゴ歌手”とは??? と思い、YouTubeをチェックしてみました。
http://www.youtube.com/watch?v=OYn-ykxhxkA
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)!? ちょ、ちょっと両刃の剣↑かも知れませんが、
間違いなく「楽しめそう!」ですっ。


そして前回同様、写真下側には、PERPPERLAND の9月21日(水曜日)
「ザリガニ$/舞台裏/ゆがみ/VANCO HENDERSONS/足袋猫/MIRROR LAKES
OPEN 18:30 /START 19:00
1500(+1Drink\50?0-)

ベースボーカルとドラムからなる謎の女性2人組バンド、ザリガニ$!!
"AVOCADO"というアルバムをリリースし岡山にやってくる!"大阪弁に憧れて" "ロリータsansation"などいかにも不思議な曲のタイトルをつけているが、よーく歌詞を聴くと女性ならではの気持ちが表れている作品だなと感じました。いったいどんなステージングを見せてくれるのか!期待大です!!そして高知の名物ライブハウス"CHAOTIC NOISE"で働きながら、各地で弾き語りを行っている女性シンガー足袋猫さんが、先月に引き続き来岡する!そしてそして地元からはMIRRORLAKES.VAN?CO-HENDERSONS.舞台裏と個性的丸出しメンツ!不思議な夜になるだろう。高知の名物ライブハウスで仕事をしている足袋猫さんは、今年8月より、初のミニアルバム「終焉の序章」を発売し、活動を拡大。現在、ドラムで?REVEAL・バイオリンで股引猫というバンドでも活動、また、ASID MOTHERS TENPLEにて、ドラムとバイオリン担当もしている。乞うご期待です!!」
が写っております。

写っている可愛いお二人が「ザリガニ$」さんです。
女性に弱いワタシですので、入り口直ぐの場所に貼りました。
が、彼女たちについては「何も知りません!」・・・ザンネンだったね。詳細はLIVEに行って知ろう!


因みに「ザリガニ」の文字を見ると、
ワタクシは↓を思い浮かべマス。
と、ここで再び、一峰先生のご登場となるわけですが、まだ画像を用意していませんでしたwww。
ザリガニンドとスピンコブラの絵が、ここにあるとしておいて下さい?(※画像追加致しました↓。)
(ネットで「スピンコブラ」を検索すると、ミニ四駆がオニのように引っかかって来ますナ。迷惑千万!笑)

※貼紙歓迎広告は、ダレも来ない!ので、もう、手を抜く。wwwwwwwwwwww

2011_ 9_13 2345.jpg
posted by テンチョウ at 12:19| Comment(0) | 店舗情報

2011年09月12日

「倉敷有隣庵でインド音楽」を貼りました

2011_ 9_12 17498.jpg
「9/19にインド音楽ライブあります。
井上憲司 シタール 逆瀬川健治 タブラ
ナマステ俱楽部

倉敷有隣庵(美観地区の本町通り 郵便局となり)http://www.u-rin.com/
倉敷市本町2-15 TEL:086-426-1180 
民宿カフェ酒場とでも言うんでしょうね。
いい雰囲気の場所です。
前回、倉敷音楽物語で、お二人に来ていただいた時に宿泊していただきました。
帰るのが面倒な人は泊まれますよ。

夜 7時半から ¥2000 1ドリンク付き 」
とのこと。

5月の倉敷音楽物語のとき、お誘いしたカタっ。
「面白そう!」とか言ってましたよねー?
ほんとに「面白かった」よ。
今度こそ、どーぞ。www


写真には、他にも
9/25 PEPPERLAND 「三上寛」!!!  が写っていますが、
ちょっと大ネタ過ぎて、簡単には紹介出来ヌ・・・。

「 9/25 sun.
三上寛/ロンリー/ゆがみ/Page & ino junk/MACCOY/木村/KETCHUPHEADS

OPEN 17:30/START 18:00
2300/2500(+1Drink\500-)
Lコード:66200

※三上寛
1950年生まれのベテランFOLK歌手。彼が唄う独特の歌詞について若いバンドマンが「どうしてそんな個性的な歌詞が書けるんですか?」三上寛は答えた「どう考えても初めは誰かの真似に近い、いずれ書けなくなる。その時、辞めない方がいいな、そこからが自分独自のものだから」と、三上寛は答えた。今でも若いミュージシャンに支持される若々しいライブをする三上寛を見て欲しい。岡山若手ミュージシャンも多数出演。」以上、http://www.pepperland.net/ より。

行くべし!
posted by テンチョウ at 18:21| Comment(0) | 店舗情報